2017年2月27日 (月)

ココマイスター マルティーニ・ドンカスター ピックアップ!!

マルティーニ・ドンカスター をピックアップ!!


※職人手作り少量生産の為、ご用意できる数に限りがあります。
ご購入の際、事前にココクラブにご入会いただき、販売開始前にログインして頂くと、最速でのご注文が可能です。

login_entrybtn.png


マルティーニ・ドンカスター

革好きのオトコの旅を優雅に変える イタリア千年の歴史を誇る極上の風合い

マルティーニ・ドンカスターは、革らしい風合いが特徴的で、使い込むことで光沢出て、大人の渋みを表現できる鞄は、一生涯使いたくなる。素材とつくりを心行くまで堪能でき、シンプルながら完成されたフォルムに見るものは魅了される。


マルティーニ・ドンカスター
マルティーニ・ドンカスター
マルティーニ・ドンカスター
マルティーニ・ドンカスター

カラー / ブランデー

価格 / 435000円(税込)
送料無料

ココマイスター 再販






logo1-2.png
マルティーニ・シリーズ

本気の休日を演出する伝統製法から生まれたイタリア皮革“上質”が絶対条件の本物品格をタフに使い込んでいきたい。
外装・内装に極上レザーを使用した本物志向の逸品。


イタリアの老舗タンナーであるバダラッシ・カルロ社の「ミネルバボックス」を外装だけではなく、内装にも使用した贅沢なつくり。
見えない部分にもイタリアのヌメ革を使用した、細部にまでこだわりをみせた、日本の職人が生み出す「工芸品」である。


由来は・・・
イタリアの老舗タンナーであるバダラッシ・カルロ社の伝統製法から生まれた伝統皮革「ミネルバボックス」。
適度なシボ感と、手に馴染む質感は心地よく、革好きの中でも評価が高い皮革です。
使い込む程に深みを増し、高級感のある表情へと変化していくのが最大の特徴であり、自分だけの風合いへ変化させるのも、この天然皮革ならではの楽しみ方です。


触れてみると・・・
バケッタ製法と呼ばれる製法により、オイルがふんだんに革に含まれ、しっとりと手に馴染む心地よい質感を堪能できます。
触っているだけで心地よく、いつまでも手の中に入れておきたくなります。


logo1-2.png


イタリアの伝統製法により作られた使い込むほどに味の出る最高級のオイルドレザー
イタリアの老舗タンナーである「CONCERIA CARRO BADARASSI」の伝統製法から生まれた革です。
バケッタ製法と呼ばれる、牛革を植物タンニンで鞣し、オイルをゆっくり時間をかけて染み込ませる、伝統的な製法で作られています。
適度なシボ感と、手に馴染む質感は心地よく、革好きの中でも評価が高い皮革です。
使い込む程に深みを増し、高級感のある表情へと変化していくのが最大の特徴であり、自分だけの風合いへ変化させるのも天然皮革ならではの楽しみ方です。


触るとしっとりと手に馴染む
本来の革というものが失われつつある昨今に、イタリアのバダラッシ・カルロ社は伝統的な製法を守り続けています。
バケッタ製法と呼ばれる製法により、オイルがふんだんに革に含まれ、しっとりと手に馴染む心地よい質感を堪能できます。
触っているだけで心地よく、いつまでも手の中に入れておきたくなります。


経年変化を堪能できる
マルティーニの皮革であるミネルバボックスは、マットーネよりも少しマットな風合いが魅力的です。
素朴で主張がないように感じますが、経年変化をさせることにより脇役から主役へと変化するほど、美しい経年変化が起きます。
植物タンニン100%でなめし、染料仕上げという手の込んだ製法により得られる経年変化は別格です。


革本来の風合い
クッタリとした風合い、素朴ながらも品があり味を感じる表情、適度なシボ感により得られる革製品としての見た目の美しさと優しい手触り。
どれを取っても革本来の風合いを存分に楽しめる皮革です。
派手すぎない表情は、内装としても優秀で、いつ見ても飽きのこない、いつ触っても飽きない皮革であるといえます。


マルティーニのお手入れ方法
マルティーニはたっぷりとオイルを含んでいるため、最初は防水スプレーのみでも構いません。
使用していくにつれて、革が乾燥してくることがあります。
その際は、コロニル・シュプリームクリームを塗ることにより、カサつきが無くなり、しっとりとした質感が戻ります。
初期状態から塗ることで、より早く光沢を出させ、色に深みを与えることも可能です。ムラなく全体にキレイに塗ることがポイントです。


マルティーニ・ドンカスター マルティーニ・オーヴィル マルティーニ・ザバロン マルティーニ・ストックウェル マルティーニ・キングファーガス マルティーニ・トランジット マルティーニ・ダニエルオルーク マルティーニ・サーモントラウト マルティーニ・バードキャッチャー マルティーニ・アーバンショルダー マルティーニ・オーモンドウォレット マルティーニ・クラブウォレット マルティーニ・アーバンウォレット マルティーニ・エルバウォレット マルティーニ・バイブル手帳 マルティーニ・アーバンパース マルティーニ・アリアスウォレット マルティーニ・クラブコインパース マルティーニ・名刺入れ



webcatalog.png









ココマイスター ブライドル・セカンドバッグ ピックアップ!!

ブライドル・セカンドバッグ をピックアップ!!


※職人手作り少量生産の為、ご用意できる数に限りがあります。
ご購入の際、事前にココクラブにご入会いただき、販売開始前にログインして頂くと、最速でのご注文が可能です。

login_entrybtn.png


ブライドル・セカンドバッグ

脇に抱える様に酔いしれる紳士のセカンドバッグ

セカンドバッグとしての完成度が非常に高い、英国最高級レザーを纏い、日本の熟練職人が縫製したこだわりの逸品。ビジネスアイテムとしても、エグゼクティブを感じされる洗練させたフォルム。


ブライドル・セカンドバッグ
ブライドル・セカンドバッグ
ブライドル・セカンドバッグ
ブライドル・セカンドバッグ

カラー / ロイヤルブラウン / モスグリーン / ダークネイビー / ブラック / ロンドンキャメル / スイスレッド / ヘーゼル

価格 / 60000円(税込)
送料無料

ココマイスター 再販






logo6-2.png

イギリスで馬具として使われるブライドルレザー。重圧感あふれる表情にロウが浮き出た姿は神秘的。


英国が誇る伝統皮革・セジュウィック社が生みだす極上の高級皮革「ブライドルレザー」。
一目見ただけで高級感を感じ取れ、会計時なども自信をもって取り出すことができる。
お洒落な紳士の為のアイテム。日本の技と英国の風合いを堪能する。

由来は・・・
馬具という意味のブライドルからきています。
馬具(手綱など)として使用する為、丈夫な革であることを求められたそうです。
丈夫で耐久性に強い革にする為、革をロウ漬けにし、繊維を引き締めることがブライドルの最大の特徴です。
その為、革の表面に白い粉のようなものが現れますが、これは革に染み込ませたロウが出てきたものです。


触れてみると・・・
ロウ漬けをしている革の為、少しペタッと髪にワックスをつけた後の手の感じと似ているでしょうか。
手に吸いつくような、多少の滑り感があります。
表面のロウは使用していくうちに深い光沢へと変化する為、まるで一皮むけてより輝く大人へと演出してくれる、演出家のような革です。


logo6-2.png


ブライドルとは・・・
なんといっても、その堅牢さと美しい光沢が特徴です。
イギリスで1000年以上前から続く伝統的な製法で、革に何度もロウを塗りこむことで繊維を引き締めます。
表面に白く浮き出ているのはロウで「ブルーム」と呼ばれており、ブライドルレザーの証でもあります。使用するうちに徐々にブルームが取れ、美しい光沢のある表情へ変化します。
耐久性も素晴らしいですが、硬い革であるが為に縫製が難しく、1つの製品として出来上がるには、日本の熟練職人の技術が必要不可欠です。
1900年創業の英国名門タンナーによって生み出される極上レザー。
完成までに約5か月を要する工程は、複雑で手間もかかる。
まさに職人が生み出す、極上レザーです。


白い粉が浮き出る不思議な皮革
ココマイスターのブライドルレザーは、ロウを丁寧に染み込ませている為、白い粉(ブルーム)が浮き出る場合がございます、これはブライドルレザーの特徴でもあります。
繊維の細部にまで染み込ませたロウが表面に浮き上がっており、これをふき取ると何とも言えない深い光沢が生まれます。
表面のロウは、季節によって見え方が異なることがあります。
夏場は高温により固まりにくくなる反面、冬場は表面に白く浮き出やすいです。
その全てはブライドルレザーならではの個性となります。


高級感漂う堅牢性
高級感とともに、堅牢さも感じられるブライドルレザーは、かつて英国で馬具などに使われていた皮革です。
ロウを染み込ませ繊維間の強度を何倍にもしていきます。
それにより、耐久性は素晴らしく、適切なお手入れと気遣いで、何十年もの使用にも耐えられる皮革となっています。


天然皮革を堪能できる素材
ココマイスターのブライドルレザーは、牛革の中でも最も硬いショルダー部分の皮革を使用しています。
ショルダー部分は、比較的にバラ傷や色ムラ、血筋やトラ(シワ)などが多く含まれる部分でもあります。
牛が生きていた頃についたキズやトラなど、上質な天然皮革ならではの表情を堪能できる仕上げになっているので、1枚1枚、個性的な表情を楽しむことができます。


ブライドルのお手入れ方法
ブライドルレザーのお手入れとしては、ご購入当初はレザーからロウが出てくるので乾拭きをしてあげるだけで問題ありません。
乾拭きをしていても表面にかさつきが出てくるようであれば、皮革用クリームなどで油分を補給する必要があります。
ただし、ブライドルレザーはタンニンなめしの革で、水には弱いため、雨の日に使うときには防水スプレーなどで保護する必要があります。



ブライドル・ロイヤルヒースロー ブライドル・ロイヤルヘンリー ブライドル・ロイヤルレガッタ ブライドル・ロイヤルウィンザー ブライドル・ダレスバッグ ブライドル・ビジネスクラシック ブライドル・バンガーブリーフ ブライドル・スマートビジネス ブライドル・ミニダレス ブライドル・ロイヤルクラッチ ブライドル・セカンドバッグ ブライドル・グランドウォレット ブライドル・インペリアルウォレット ブライドル・アルフレートウォレット ブライドル・ブレンデルウォレット ブライドル・インペリアルパース ブライドル・ブレンデルパース ブライドル・グランドコインパース ブライドル・馬蹄小銭入れ ブライドル・名刺入れ ブライドル・キーケース



webcatalog.png









2017年2月26日 (日)

ココマイスター ブライドル・ロイヤルクラッチ ピックアップ!!

ブライドル・ロイヤルクラッチ をピックアップ!!


※職人手作り少量生産の為、ご用意できる数に限りがあります。
ご購入の際、事前にココクラブにご入会いただき、販売開始前にログインして頂くと、最速でのご注文が可能です。

login_entrybtn.png


ブライドル・ロイヤルクラッチ

堅牢で圧倒的な重厚感を誇る 本物志向のクラッチバッグ

英国が誇る極上素材「ブライドルレザー」で仕立てたクラッチバッグ。ブライドルレザーを贅沢に使用することで、堅牢で知的、大人があこがれる存在感を放ち、本物志向の紳士を魅了する。


ブライドル・ロイヤルクラッチ
ブライドル・ロイヤルクラッチ
ブライドル・ロイヤルクラッチ
ブライドル・ロイヤルクラッチ

カラー / ロイヤルブラウン / モスグリーン / ダークネイビー / ブラック / ロンドンキャメル / スイスレッド / ヘーゼル

価格 / 105000円(税込)
送料無料

ココマイスター 再販






logo6-2.png

イギリスで馬具として使われるブライドルレザー。重圧感あふれる表情にロウが浮き出た姿は神秘的。


英国が誇る伝統皮革・セジュウィック社が生みだす極上の高級皮革「ブライドルレザー」。
一目見ただけで高級感を感じ取れ、会計時なども自信をもって取り出すことができる。
お洒落な紳士の為のアイテム。日本の技と英国の風合いを堪能する。

由来は・・・
馬具という意味のブライドルからきています。
馬具(手綱など)として使用する為、丈夫な革であることを求められたそうです。
丈夫で耐久性に強い革にする為、革をロウ漬けにし、繊維を引き締めることがブライドルの最大の特徴です。
その為、革の表面に白い粉のようなものが現れますが、これは革に染み込ませたロウが出てきたものです。


触れてみると・・・
ロウ漬けをしている革の為、少しペタッと髪にワックスをつけた後の手の感じと似ているでしょうか。
手に吸いつくような、多少の滑り感があります。
表面のロウは使用していくうちに深い光沢へと変化する為、まるで一皮むけてより輝く大人へと演出してくれる、演出家のような革です。


logo6-2.png


ブライドルとは・・・
なんといっても、その堅牢さと美しい光沢が特徴です。
イギリスで1000年以上前から続く伝統的な製法で、革に何度もロウを塗りこむことで繊維を引き締めます。
表面に白く浮き出ているのはロウで「ブルーム」と呼ばれており、ブライドルレザーの証でもあります。使用するうちに徐々にブルームが取れ、美しい光沢のある表情へ変化します。
耐久性も素晴らしいですが、硬い革であるが為に縫製が難しく、1つの製品として出来上がるには、日本の熟練職人の技術が必要不可欠です。
1900年創業の英国名門タンナーによって生み出される極上レザー。
完成までに約5か月を要する工程は、複雑で手間もかかる。
まさに職人が生み出す、極上レザーです。


白い粉が浮き出る不思議な皮革
ココマイスターのブライドルレザーは、ロウを丁寧に染み込ませている為、白い粉(ブルーム)が浮き出る場合がございます、これはブライドルレザーの特徴でもあります。
繊維の細部にまで染み込ませたロウが表面に浮き上がっており、これをふき取ると何とも言えない深い光沢が生まれます。
表面のロウは、季節によって見え方が異なることがあります。
夏場は高温により固まりにくくなる反面、冬場は表面に白く浮き出やすいです。
その全てはブライドルレザーならではの個性となります。


高級感漂う堅牢性
高級感とともに、堅牢さも感じられるブライドルレザーは、かつて英国で馬具などに使われていた皮革です。
ロウを染み込ませ繊維間の強度を何倍にもしていきます。
それにより、耐久性は素晴らしく、適切なお手入れと気遣いで、何十年もの使用にも耐えられる皮革となっています。


天然皮革を堪能できる素材
ココマイスターのブライドルレザーは、牛革の中でも最も硬いショルダー部分の皮革を使用しています。
ショルダー部分は、比較的にバラ傷や色ムラ、血筋やトラ(シワ)などが多く含まれる部分でもあります。
牛が生きていた頃についたキズやトラなど、上質な天然皮革ならではの表情を堪能できる仕上げになっているので、1枚1枚、個性的な表情を楽しむことができます。


ブライドルのお手入れ方法
ブライドルレザーのお手入れとしては、ご購入当初はレザーからロウが出てくるので乾拭きをしてあげるだけで問題ありません。
乾拭きをしていても表面にかさつきが出てくるようであれば、皮革用クリームなどで油分を補給する必要があります。
ただし、ブライドルレザーはタンニンなめしの革で、水には弱いため、雨の日に使うときには防水スプレーなどで保護する必要があります。



ブライドル・ロイヤルヒースロー ブライドル・ロイヤルヘンリー ブライドル・ロイヤルレガッタ ブライドル・ロイヤルウィンザー ブライドル・ダレスバッグ ブライドル・ビジネスクラシック ブライドル・バンガーブリーフ ブライドル・スマートビジネス ブライドル・ミニダレス ブライドル・ロイヤルクラッチ ブライドル・セカンドバッグ ブライドル・グランドウォレット ブライドル・インペリアルウォレット ブライドル・アルフレートウォレット ブライドル・ブレンデルウォレット ブライドル・インペリアルパース ブライドル・ブレンデルパース ブライドル・グランドコインパース ブライドル・馬蹄小銭入れ ブライドル・名刺入れ ブライドル・キーケース



webcatalog.png









ココマイスター ブライドル・ミニダレス ピックアップ!!

ブライドル・ミニダレス をピックアップ!!


※職人手作り少量生産の為、ご用意できる数に限りがあります。
ご購入の際、事前にココクラブにご入会いただき、販売開始前にログインして頂くと、最速でのご注文が可能です。

login_entrybtn.png


ブライドル・ミニダレス

格式高き英国の芸術を持ち歩く

気軽さと品格を調和させたミニダレスは、そこに置かれた瞬間に注目を集める。そして、時折見せるゴールドの輝きが、鞄に触れたいという欲求を掻き立てる。決して持ち主の想いを裏切ることのない粋な逸品である。


ブライドル・ミニダレス
ブライドル・ミニダレス
ブライドル・ミニダレス
ブライドル・ミニダレス

カラー / ブラック / モスグリーン / ロイヤルブラウン / ダークネイビー / ヘーゼル / スイスレッド / ロンドンキャメル

価格 / 130000円(税込)
送料無料

ココマイスター 再販






logo6-2.png

イギリスで馬具として使われるブライドルレザー。重圧感あふれる表情にロウが浮き出た姿は神秘的。


英国が誇る伝統皮革・セジュウィック社が生みだす極上の高級皮革「ブライドルレザー」。
一目見ただけで高級感を感じ取れ、会計時なども自信をもって取り出すことができる。
お洒落な紳士の為のアイテム。日本の技と英国の風合いを堪能する。

由来は・・・
馬具という意味のブライドルからきています。
馬具(手綱など)として使用する為、丈夫な革であることを求められたそうです。
丈夫で耐久性に強い革にする為、革をロウ漬けにし、繊維を引き締めることがブライドルの最大の特徴です。
その為、革の表面に白い粉のようなものが現れますが、これは革に染み込ませたロウが出てきたものです。


触れてみると・・・
ロウ漬けをしている革の為、少しペタッと髪にワックスをつけた後の手の感じと似ているでしょうか。
手に吸いつくような、多少の滑り感があります。
表面のロウは使用していくうちに深い光沢へと変化する為、まるで一皮むけてより輝く大人へと演出してくれる、演出家のような革です。


logo6-2.png


ブライドルとは・・・
なんといっても、その堅牢さと美しい光沢が特徴です。
イギリスで1000年以上前から続く伝統的な製法で、革に何度もロウを塗りこむことで繊維を引き締めます。
表面に白く浮き出ているのはロウで「ブルーム」と呼ばれており、ブライドルレザーの証でもあります。使用するうちに徐々にブルームが取れ、美しい光沢のある表情へ変化します。
耐久性も素晴らしいですが、硬い革であるが為に縫製が難しく、1つの製品として出来上がるには、日本の熟練職人の技術が必要不可欠です。
1900年創業の英国名門タンナーによって生み出される極上レザー。
完成までに約5か月を要する工程は、複雑で手間もかかる。
まさに職人が生み出す、極上レザーです。


白い粉が浮き出る不思議な皮革
ココマイスターのブライドルレザーは、ロウを丁寧に染み込ませている為、白い粉(ブルーム)が浮き出る場合がございます、これはブライドルレザーの特徴でもあります。
繊維の細部にまで染み込ませたロウが表面に浮き上がっており、これをふき取ると何とも言えない深い光沢が生まれます。
表面のロウは、季節によって見え方が異なることがあります。
夏場は高温により固まりにくくなる反面、冬場は表面に白く浮き出やすいです。
その全てはブライドルレザーならではの個性となります。


高級感漂う堅牢性
高級感とともに、堅牢さも感じられるブライドルレザーは、かつて英国で馬具などに使われていた皮革です。
ロウを染み込ませ繊維間の強度を何倍にもしていきます。
それにより、耐久性は素晴らしく、適切なお手入れと気遣いで、何十年もの使用にも耐えられる皮革となっています。


天然皮革を堪能できる素材
ココマイスターのブライドルレザーは、牛革の中でも最も硬いショルダー部分の皮革を使用しています。
ショルダー部分は、比較的にバラ傷や色ムラ、血筋やトラ(シワ)などが多く含まれる部分でもあります。
牛が生きていた頃についたキズやトラなど、上質な天然皮革ならではの表情を堪能できる仕上げになっているので、1枚1枚、個性的な表情を楽しむことができます。


ブライドルのお手入れ方法
ブライドルレザーのお手入れとしては、ご購入当初はレザーからロウが出てくるので乾拭きをしてあげるだけで問題ありません。
乾拭きをしていても表面にかさつきが出てくるようであれば、皮革用クリームなどで油分を補給する必要があります。
ただし、ブライドルレザーはタンニンなめしの革で、水には弱いため、雨の日に使うときには防水スプレーなどで保護する必要があります。



ブライドル・ロイヤルヒースロー ブライドル・ロイヤルヘンリー ブライドル・ロイヤルレガッタ ブライドル・ロイヤルウィンザー ブライドル・ダレスバッグ ブライドル・ビジネスクラシック ブライドル・バンガーブリーフ ブライドル・スマートビジネス ブライドル・ミニダレス ブライドル・ロイヤルクラッチ ブライドル・セカンドバッグ ブライドル・グランドウォレット ブライドル・インペリアルウォレット ブライドル・アルフレートウォレット ブライドル・ブレンデルウォレット ブライドル・インペリアルパース ブライドル・ブレンデルパース ブライドル・グランドコインパース ブライドル・馬蹄小銭入れ ブライドル・名刺入れ ブライドル・キーケース



webcatalog.png









2017年2月25日 (土)

ココマイスター ブライドル・スマートビジネス ピックアップ!!

ブライドル・スマートビジネス をピックアップ!!


※職人手作り少量生産の為、ご用意できる数に限りがあります。
ご購入の際、事前にココクラブにご入会いただき、販売開始前にログインして頂くと、最速でのご注文が可能です。

login_entrybtn.png


ブライドル・スマートビジネス

ビジネスバッグにスマートさとスタイリッシュを追求しました。

ビジネスバッグの中でもスマートさとスタイリッシュさを追求したこの鞄は極めて薄く軽量である。英国が誇るブライドルレザーの輝きが鞄に品格を与え、飾らない大人の男の余裕を教えてくれる。


ブライドル・スマートビジネス
ブライドル・スマートビジネス
ブライドル・スマートビジネス
ブライドル・スマートビジネス

カラー / ロイヤルブラウン / モスグリーン / ダークネイビー / スイスレッド / ヘーゼル

価格 / 155000円(税込)
送料無料

ココマイスター 再販






logo6-2.png

イギリスで馬具として使われるブライドルレザー。重圧感あふれる表情にロウが浮き出た姿は神秘的。


英国が誇る伝統皮革・セジュウィック社が生みだす極上の高級皮革「ブライドルレザー」。
一目見ただけで高級感を感じ取れ、会計時なども自信をもって取り出すことができる。
お洒落な紳士の為のアイテム。日本の技と英国の風合いを堪能する。

由来は・・・
馬具という意味のブライドルからきています。
馬具(手綱など)として使用する為、丈夫な革であることを求められたそうです。
丈夫で耐久性に強い革にする為、革をロウ漬けにし、繊維を引き締めることがブライドルの最大の特徴です。
その為、革の表面に白い粉のようなものが現れますが、これは革に染み込ませたロウが出てきたものです。


触れてみると・・・
ロウ漬けをしている革の為、少しペタッと髪にワックスをつけた後の手の感じと似ているでしょうか。
手に吸いつくような、多少の滑り感があります。
表面のロウは使用していくうちに深い光沢へと変化する為、まるで一皮むけてより輝く大人へと演出してくれる、演出家のような革です。


logo6-2.png


ブライドルとは・・・
なんといっても、その堅牢さと美しい光沢が特徴です。
イギリスで1000年以上前から続く伝統的な製法で、革に何度もロウを塗りこむことで繊維を引き締めます。
表面に白く浮き出ているのはロウで「ブルーム」と呼ばれており、ブライドルレザーの証でもあります。使用するうちに徐々にブルームが取れ、美しい光沢のある表情へ変化します。
耐久性も素晴らしいですが、硬い革であるが為に縫製が難しく、1つの製品として出来上がるには、日本の熟練職人の技術が必要不可欠です。
1900年創業の英国名門タンナーによって生み出される極上レザー。
完成までに約5か月を要する工程は、複雑で手間もかかる。
まさに職人が生み出す、極上レザーです。


白い粉が浮き出る不思議な皮革
ココマイスターのブライドルレザーは、ロウを丁寧に染み込ませている為、白い粉(ブルーム)が浮き出る場合がございます、これはブライドルレザーの特徴でもあります。
繊維の細部にまで染み込ませたロウが表面に浮き上がっており、これをふき取ると何とも言えない深い光沢が生まれます。
表面のロウは、季節によって見え方が異なることがあります。
夏場は高温により固まりにくくなる反面、冬場は表面に白く浮き出やすいです。
その全てはブライドルレザーならではの個性となります。


高級感漂う堅牢性
高級感とともに、堅牢さも感じられるブライドルレザーは、かつて英国で馬具などに使われていた皮革です。
ロウを染み込ませ繊維間の強度を何倍にもしていきます。
それにより、耐久性は素晴らしく、適切なお手入れと気遣いで、何十年もの使用にも耐えられる皮革となっています。


天然皮革を堪能できる素材
ココマイスターのブライドルレザーは、牛革の中でも最も硬いショルダー部分の皮革を使用しています。
ショルダー部分は、比較的にバラ傷や色ムラ、血筋やトラ(シワ)などが多く含まれる部分でもあります。
牛が生きていた頃についたキズやトラなど、上質な天然皮革ならではの表情を堪能できる仕上げになっているので、1枚1枚、個性的な表情を楽しむことができます。


ブライドルのお手入れ方法
ブライドルレザーのお手入れとしては、ご購入当初はレザーからロウが出てくるので乾拭きをしてあげるだけで問題ありません。
乾拭きをしていても表面にかさつきが出てくるようであれば、皮革用クリームなどで油分を補給する必要があります。
ただし、ブライドルレザーはタンニンなめしの革で、水には弱いため、雨の日に使うときには防水スプレーなどで保護する必要があります。



ブライドル・ロイヤルヒースロー ブライドル・ロイヤルヘンリー ブライドル・ロイヤルレガッタ ブライドル・ロイヤルウィンザー ブライドル・ダレスバッグ ブライドル・ビジネスクラシック ブライドル・バンガーブリーフ ブライドル・スマートビジネス ブライドル・ミニダレス ブライドル・ロイヤルクラッチ ブライドル・セカンドバッグ ブライドル・グランドウォレット ブライドル・インペリアルウォレット ブライドル・アルフレートウォレット ブライドル・ブレンデルウォレット ブライドル・インペリアルパース ブライドル・ブレンデルパース ブライドル・グランドコインパース ブライドル・馬蹄小銭入れ ブライドル・名刺入れ ブライドル・キーケース



webcatalog.png









ココマイスター ブライドル・バンガーブリーフ ピックアップ!!

ブライドル・バンガーブリーフ をピックアップ!!


※職人手作り少量生産の為、ご用意できる数に限りがあります。
ご購入の際、事前にココクラブにご入会いただき、販売開始前にログインして頂くと、最速でのご注文が可能です。

login_entrybtn.png


ブライドル・バンガーブリーフ

英国の最高級皮革を使用した極上のブリーフケース

シンプルで飽きのこないデザインは、英国が誇る最高級のブライドルレザーを楽しみながら、日本の職人がつくる手仕事をダイレクトに感じることができる。鞄は、書類を大切に運ぶ機能だけではなく、持ち主をよりお洒落に、より洗練された姿へと格上げする。


ブライドル・バンガーブリーフ
ブライドル・バンガーブリーフ
ブライドル・バンガーブリーフ
ブライドル・バンガーブリーフ

カラー / ブラック / モスグリーン / ロイヤルブラウン / ダークネイビー / ヘーゼル / スイスレッド / ロンドンキャメル

価格 / 155000円(税込)
送料無料

ココマイスター 再販






logo6-2.png

イギリスで馬具として使われるブライドルレザー。重圧感あふれる表情にロウが浮き出た姿は神秘的。


英国が誇る伝統皮革・セジュウィック社が生みだす極上の高級皮革「ブライドルレザー」。
一目見ただけで高級感を感じ取れ、会計時なども自信をもって取り出すことができる。
お洒落な紳士の為のアイテム。日本の技と英国の風合いを堪能する。

由来は・・・
馬具という意味のブライドルからきています。
馬具(手綱など)として使用する為、丈夫な革であることを求められたそうです。
丈夫で耐久性に強い革にする為、革をロウ漬けにし、繊維を引き締めることがブライドルの最大の特徴です。
その為、革の表面に白い粉のようなものが現れますが、これは革に染み込ませたロウが出てきたものです。


触れてみると・・・
ロウ漬けをしている革の為、少しペタッと髪にワックスをつけた後の手の感じと似ているでしょうか。
手に吸いつくような、多少の滑り感があります。
表面のロウは使用していくうちに深い光沢へと変化する為、まるで一皮むけてより輝く大人へと演出してくれる、演出家のような革です。


logo6-2.png


ブライドルとは・・・
なんといっても、その堅牢さと美しい光沢が特徴です。
イギリスで1000年以上前から続く伝統的な製法で、革に何度もロウを塗りこむことで繊維を引き締めます。
表面に白く浮き出ているのはロウで「ブルーム」と呼ばれており、ブライドルレザーの証でもあります。使用するうちに徐々にブルームが取れ、美しい光沢のある表情へ変化します。
耐久性も素晴らしいですが、硬い革であるが為に縫製が難しく、1つの製品として出来上がるには、日本の熟練職人の技術が必要不可欠です。
1900年創業の英国名門タンナーによって生み出される極上レザー。
完成までに約5か月を要する工程は、複雑で手間もかかる。
まさに職人が生み出す、極上レザーです。


白い粉が浮き出る不思議な皮革
ココマイスターのブライドルレザーは、ロウを丁寧に染み込ませている為、白い粉(ブルーム)が浮き出る場合がございます、これはブライドルレザーの特徴でもあります。
繊維の細部にまで染み込ませたロウが表面に浮き上がっており、これをふき取ると何とも言えない深い光沢が生まれます。
表面のロウは、季節によって見え方が異なることがあります。
夏場は高温により固まりにくくなる反面、冬場は表面に白く浮き出やすいです。
その全てはブライドルレザーならではの個性となります。


高級感漂う堅牢性
高級感とともに、堅牢さも感じられるブライドルレザーは、かつて英国で馬具などに使われていた皮革です。
ロウを染み込ませ繊維間の強度を何倍にもしていきます。
それにより、耐久性は素晴らしく、適切なお手入れと気遣いで、何十年もの使用にも耐えられる皮革となっています。


天然皮革を堪能できる素材
ココマイスターのブライドルレザーは、牛革の中でも最も硬いショルダー部分の皮革を使用しています。
ショルダー部分は、比較的にバラ傷や色ムラ、血筋やトラ(シワ)などが多く含まれる部分でもあります。
牛が生きていた頃についたキズやトラなど、上質な天然皮革ならではの表情を堪能できる仕上げになっているので、1枚1枚、個性的な表情を楽しむことができます。


ブライドルのお手入れ方法
ブライドルレザーのお手入れとしては、ご購入当初はレザーからロウが出てくるので乾拭きをしてあげるだけで問題ありません。
乾拭きをしていても表面にかさつきが出てくるようであれば、皮革用クリームなどで油分を補給する必要があります。
ただし、ブライドルレザーはタンニンなめしの革で、水には弱いため、雨の日に使うときには防水スプレーなどで保護する必要があります。



ブライドル・ロイヤルヒースロー ブライドル・ロイヤルヘンリー ブライドル・ロイヤルレガッタ ブライドル・ロイヤルウィンザー ブライドル・ダレスバッグ ブライドル・ビジネスクラシック ブライドル・バンガーブリーフ ブライドル・スマートビジネス ブライドル・ミニダレス ブライドル・ロイヤルクラッチ ブライドル・セカンドバッグ ブライドル・グランドウォレット ブライドル・インペリアルウォレット ブライドル・アルフレートウォレット ブライドル・ブレンデルウォレット ブライドル・インペリアルパース ブライドル・ブレンデルパース ブライドル・グランドコインパース ブライドル・馬蹄小銭入れ ブライドル・名刺入れ ブライドル・キーケース



webcatalog.png









ココマイスター ブライドル・スマートダレス ピックアップ!!

ブライドル・スマートダレス をピックアップ!!


※職人手作り少量生産の為、ご用意できる数に限りがあります。
ご購入の際、事前にココクラブにご入会いただき、販売開始前にログインして頂くと、最速でのご注文が可能です。

login_entrybtn.png


ブライドル・スマートダレス

王道ダレスが魅せるオトコの渋み

見事なまでに調整された曲線は優美さを表現している。真鍮でつくられた錠前は日本の高度な技術が採用されておりどんなに厳しい状況にも耐え抜き、手入れをすることで明日へ繋げる。


ブライドル・スマートダレス
ブライドル・スマートダレス
ブライドル・スマートダレス
ブライドル・スマートダレス

カラー / ブラック / モスグリーン / ロイヤルブラウン / ダークネイビー / ヘーゼル / スイスレッド / ロンドンキャメル

価格 / 170000円(税込)
送料無料

ココマイスター 再販






logo6-2.png

イギリスで馬具として使われるブライドルレザー。重圧感あふれる表情にロウが浮き出た姿は神秘的。


英国が誇る伝統皮革・セジュウィック社が生みだす極上の高級皮革「ブライドルレザー」。
一目見ただけで高級感を感じ取れ、会計時なども自信をもって取り出すことができる。
お洒落な紳士の為のアイテム。日本の技と英国の風合いを堪能する。

由来は・・・
馬具という意味のブライドルからきています。
馬具(手綱など)として使用する為、丈夫な革であることを求められたそうです。
丈夫で耐久性に強い革にする為、革をロウ漬けにし、繊維を引き締めることがブライドルの最大の特徴です。
その為、革の表面に白い粉のようなものが現れますが、これは革に染み込ませたロウが出てきたものです。


触れてみると・・・
ロウ漬けをしている革の為、少しペタッと髪にワックスをつけた後の手の感じと似ているでしょうか。
手に吸いつくような、多少の滑り感があります。
表面のロウは使用していくうちに深い光沢へと変化する為、まるで一皮むけてより輝く大人へと演出してくれる、演出家のような革です。


logo6-2.png


ブライドルとは・・・
なんといっても、その堅牢さと美しい光沢が特徴です。
イギリスで1000年以上前から続く伝統的な製法で、革に何度もロウを塗りこむことで繊維を引き締めます。
表面に白く浮き出ているのはロウで「ブルーム」と呼ばれており、ブライドルレザーの証でもあります。使用するうちに徐々にブルームが取れ、美しい光沢のある表情へ変化します。
耐久性も素晴らしいですが、硬い革であるが為に縫製が難しく、1つの製品として出来上がるには、日本の熟練職人の技術が必要不可欠です。
1900年創業の英国名門タンナーによって生み出される極上レザー。
完成までに約5か月を要する工程は、複雑で手間もかかる。
まさに職人が生み出す、極上レザーです。


白い粉が浮き出る不思議な皮革
ココマイスターのブライドルレザーは、ロウを丁寧に染み込ませている為、白い粉(ブルーム)が浮き出る場合がございます、これはブライドルレザーの特徴でもあります。
繊維の細部にまで染み込ませたロウが表面に浮き上がっており、これをふき取ると何とも言えない深い光沢が生まれます。
表面のロウは、季節によって見え方が異なることがあります。
夏場は高温により固まりにくくなる反面、冬場は表面に白く浮き出やすいです。
その全てはブライドルレザーならではの個性となります。


高級感漂う堅牢性
高級感とともに、堅牢さも感じられるブライドルレザーは、かつて英国で馬具などに使われていた皮革です。
ロウを染み込ませ繊維間の強度を何倍にもしていきます。
それにより、耐久性は素晴らしく、適切なお手入れと気遣いで、何十年もの使用にも耐えられる皮革となっています。


天然皮革を堪能できる素材
ココマイスターのブライドルレザーは、牛革の中でも最も硬いショルダー部分の皮革を使用しています。
ショルダー部分は、比較的にバラ傷や色ムラ、血筋やトラ(シワ)などが多く含まれる部分でもあります。
牛が生きていた頃についたキズやトラなど、上質な天然皮革ならではの表情を堪能できる仕上げになっているので、1枚1枚、個性的な表情を楽しむことができます。


ブライドルのお手入れ方法
ブライドルレザーのお手入れとしては、ご購入当初はレザーからロウが出てくるので乾拭きをしてあげるだけで問題ありません。
乾拭きをしていても表面にかさつきが出てくるようであれば、皮革用クリームなどで油分を補給する必要があります。
ただし、ブライドルレザーはタンニンなめしの革で、水には弱いため、雨の日に使うときには防水スプレーなどで保護する必要があります。



ブライドル・ロイヤルヒースロー ブライドル・ロイヤルヘンリー ブライドル・ロイヤルレガッタ ブライドル・ロイヤルウィンザー ブライドル・ダレスバッグ ブライドル・ビジネスクラシック ブライドル・バンガーブリーフ ブライドル・スマートビジネス ブライドル・ミニダレス ブライドル・ロイヤルクラッチ ブライドル・セカンドバッグ ブライドル・グランドウォレット ブライドル・インペリアルウォレット ブライドル・アルフレートウォレット ブライドル・ブレンデルウォレット ブライドル・インペリアルパース ブライドル・ブレンデルパース ブライドル・グランドコインパース ブライドル・馬蹄小銭入れ ブライドル・名刺入れ ブライドル・キーケース



webcatalog.png









2017年2月24日 (金)

ココマイスター ブライドル・ビジネスクラシック ピックアップ!!

ブライドル・ビジネスクラシック をピックアップ!!


※職人手作り少量生産の為、ご用意できる数に限りがあります。
ご購入の際、事前にココクラブにご入会いただき、販売開始前にログインして頂くと、最速でのご注文が可能です。

login_entrybtn.png


ブライドル・ビジネスクラシック

英国紳士に愛され続ける最高級皮革 格式高き存在に重厚感が煌めく

男らしさ溢れるこの鞄は、片隅に置いておくだけで絵になる。本物志向の男が大事にするのは、これから歩んでいく友として永きを共にできるかどうかその一点である。英国を代表する最高級皮革と日本の技術力が融合した鞄だからこそ感じる確かな自信がこの鞄に注がれている。


ブライドル・ビジネスクラシック
ブライドル・ビジネスクラシック
ブライドル・ビジネスクラシック
ブライドル・ビジネスクラシック

カラー / モスグリーン / ロイヤルブラウン / ダークネイビー / ヘーゼル

価格 / 182000円(税込)
送料無料

ココマイスター 再販






logo6-2.png

イギリスで馬具として使われるブライドルレザー。重圧感あふれる表情にロウが浮き出た姿は神秘的。


英国が誇る伝統皮革・セジュウィック社が生みだす極上の高級皮革「ブライドルレザー」。
一目見ただけで高級感を感じ取れ、会計時なども自信をもって取り出すことができる。
お洒落な紳士の為のアイテム。日本の技と英国の風合いを堪能する。

由来は・・・
馬具という意味のブライドルからきています。
馬具(手綱など)として使用する為、丈夫な革であることを求められたそうです。
丈夫で耐久性に強い革にする為、革をロウ漬けにし、繊維を引き締めることがブライドルの最大の特徴です。
その為、革の表面に白い粉のようなものが現れますが、これは革に染み込ませたロウが出てきたものです。


触れてみると・・・
ロウ漬けをしている革の為、少しペタッと髪にワックスをつけた後の手の感じと似ているでしょうか。
手に吸いつくような、多少の滑り感があります。
表面のロウは使用していくうちに深い光沢へと変化する為、まるで一皮むけてより輝く大人へと演出してくれる、演出家のような革です。


logo6-2.png


ブライドルとは・・・
なんといっても、その堅牢さと美しい光沢が特徴です。
イギリスで1000年以上前から続く伝統的な製法で、革に何度もロウを塗りこむことで繊維を引き締めます。
表面に白く浮き出ているのはロウで「ブルーム」と呼ばれており、ブライドルレザーの証でもあります。使用するうちに徐々にブルームが取れ、美しい光沢のある表情へ変化します。
耐久性も素晴らしいですが、硬い革であるが為に縫製が難しく、1つの製品として出来上がるには、日本の熟練職人の技術が必要不可欠です。
1900年創業の英国名門タンナーによって生み出される極上レザー。
完成までに約5か月を要する工程は、複雑で手間もかかる。
まさに職人が生み出す、極上レザーです。


白い粉が浮き出る不思議な皮革
ココマイスターのブライドルレザーは、ロウを丁寧に染み込ませている為、白い粉(ブルーム)が浮き出る場合がございます、これはブライドルレザーの特徴でもあります。
繊維の細部にまで染み込ませたロウが表面に浮き上がっており、これをふき取ると何とも言えない深い光沢が生まれます。
表面のロウは、季節によって見え方が異なることがあります。
夏場は高温により固まりにくくなる反面、冬場は表面に白く浮き出やすいです。
その全てはブライドルレザーならではの個性となります。


高級感漂う堅牢性
高級感とともに、堅牢さも感じられるブライドルレザーは、かつて英国で馬具などに使われていた皮革です。
ロウを染み込ませ繊維間の強度を何倍にもしていきます。
それにより、耐久性は素晴らしく、適切なお手入れと気遣いで、何十年もの使用にも耐えられる皮革となっています。


天然皮革を堪能できる素材
ココマイスターのブライドルレザーは、牛革の中でも最も硬いショルダー部分の皮革を使用しています。
ショルダー部分は、比較的にバラ傷や色ムラ、血筋やトラ(シワ)などが多く含まれる部分でもあります。
牛が生きていた頃についたキズやトラなど、上質な天然皮革ならではの表情を堪能できる仕上げになっているので、1枚1枚、個性的な表情を楽しむことができます。


ブライドルのお手入れ方法
ブライドルレザーのお手入れとしては、ご購入当初はレザーからロウが出てくるので乾拭きをしてあげるだけで問題ありません。
乾拭きをしていても表面にかさつきが出てくるようであれば、皮革用クリームなどで油分を補給する必要があります。
ただし、ブライドルレザーはタンニンなめしの革で、水には弱いため、雨の日に使うときには防水スプレーなどで保護する必要があります。



ブライドル・ロイヤルヒースロー ブライドル・ロイヤルヘンリー ブライドル・ロイヤルレガッタ ブライドル・ロイヤルウィンザー ブライドル・ダレスバッグ ブライドル・ビジネスクラシック ブライドル・バンガーブリーフ ブライドル・スマートビジネス ブライドル・ミニダレス ブライドル・ロイヤルクラッチ ブライドル・セカンドバッグ ブライドル・グランドウォレット ブライドル・インペリアルウォレット ブライドル・アルフレートウォレット ブライドル・ブレンデルウォレット ブライドル・インペリアルパース ブライドル・ブレンデルパース ブライドル・グランドコインパース ブライドル・馬蹄小銭入れ ブライドル・名刺入れ ブライドル・キーケース



webcatalog.png









ココマイスター ブライドル・ダレスバッグ ピックアップ!!

ブライドル・ダレスバッグ をピックアップ!!


※職人手作り少量生産の為、ご用意できる数に限りがあります。
ご購入の際、事前にココクラブにご入会いただき、販売開始前にログインして頂くと、最速でのご注文が可能です。

login_entrybtn.png


ブライドル・ダレスバッグ

圧倒的な存在感を誇る由緒あるダレスバッグ

この鞄は簡易的に生み出すことなどできない。これほどまでに完成された鞄に魅了されてしまう。イギリスで馬具として使われている伝統的なブライドルレザーです。その中でも鞄や財布などに仕立てた際に一番輝きを放つ皮革を厳選しています。


ブライドル・ダレスバッグ
ブライドル・ダレスバッグ
ブライドル・ダレスバッグ
ブライドル・ダレスバッグ

カラー / ブラック / モスグリーン / ロイヤルブラウン / ダークネイビー / ヘーゼル / スイスレッド / ロンドンキャメル

価格 / 200000円(税込)
送料無料

ココマイスター 再販






logo6-2.png

イギリスで馬具として使われるブライドルレザー。重圧感あふれる表情にロウが浮き出た姿は神秘的。


英国が誇る伝統皮革・セジュウィック社が生みだす極上の高級皮革「ブライドルレザー」。
一目見ただけで高級感を感じ取れ、会計時なども自信をもって取り出すことができる。
お洒落な紳士の為のアイテム。日本の技と英国の風合いを堪能する。

由来は・・・
馬具という意味のブライドルからきています。
馬具(手綱など)として使用する為、丈夫な革であることを求められたそうです。
丈夫で耐久性に強い革にする為、革をロウ漬けにし、繊維を引き締めることがブライドルの最大の特徴です。
その為、革の表面に白い粉のようなものが現れますが、これは革に染み込ませたロウが出てきたものです。


触れてみると・・・
ロウ漬けをしている革の為、少しペタッと髪にワックスをつけた後の手の感じと似ているでしょうか。
手に吸いつくような、多少の滑り感があります。
表面のロウは使用していくうちに深い光沢へと変化する為、まるで一皮むけてより輝く大人へと演出してくれる、演出家のような革です。


logo6-2.png


ブライドルとは・・・
なんといっても、その堅牢さと美しい光沢が特徴です。
イギリスで1000年以上前から続く伝統的な製法で、革に何度もロウを塗りこむことで繊維を引き締めます。
表面に白く浮き出ているのはロウで「ブルーム」と呼ばれており、ブライドルレザーの証でもあります。使用するうちに徐々にブルームが取れ、美しい光沢のある表情へ変化します。
耐久性も素晴らしいですが、硬い革であるが為に縫製が難しく、1つの製品として出来上がるには、日本の熟練職人の技術が必要不可欠です。
1900年創業の英国名門タンナーによって生み出される極上レザー。
完成までに約5か月を要する工程は、複雑で手間もかかる。
まさに職人が生み出す、極上レザーです。


白い粉が浮き出る不思議な皮革
ココマイスターのブライドルレザーは、ロウを丁寧に染み込ませている為、白い粉(ブルーム)が浮き出る場合がございます、これはブライドルレザーの特徴でもあります。
繊維の細部にまで染み込ませたロウが表面に浮き上がっており、これをふき取ると何とも言えない深い光沢が生まれます。
表面のロウは、季節によって見え方が異なることがあります。
夏場は高温により固まりにくくなる反面、冬場は表面に白く浮き出やすいです。
その全てはブライドルレザーならではの個性となります。


高級感漂う堅牢性
高級感とともに、堅牢さも感じられるブライドルレザーは、かつて英国で馬具などに使われていた皮革です。
ロウを染み込ませ繊維間の強度を何倍にもしていきます。
それにより、耐久性は素晴らしく、適切なお手入れと気遣いで、何十年もの使用にも耐えられる皮革となっています。


天然皮革を堪能できる素材
ココマイスターのブライドルレザーは、牛革の中でも最も硬いショルダー部分の皮革を使用しています。
ショルダー部分は、比較的にバラ傷や色ムラ、血筋やトラ(シワ)などが多く含まれる部分でもあります。
牛が生きていた頃についたキズやトラなど、上質な天然皮革ならではの表情を堪能できる仕上げになっているので、1枚1枚、個性的な表情を楽しむことができます。


ブライドルのお手入れ方法
ブライドルレザーのお手入れとしては、ご購入当初はレザーからロウが出てくるので乾拭きをしてあげるだけで問題ありません。
乾拭きをしていても表面にかさつきが出てくるようであれば、皮革用クリームなどで油分を補給する必要があります。
ただし、ブライドルレザーはタンニンなめしの革で、水には弱いため、雨の日に使うときには防水スプレーなどで保護する必要があります。



ブライドル・ロイヤルヒースロー ブライドル・ロイヤルヘンリー ブライドル・ロイヤルレガッタ ブライドル・ロイヤルウィンザー ブライドル・ダレスバッグ ブライドル・ビジネスクラシック ブライドル・バンガーブリーフ ブライドル・スマートビジネス ブライドル・ミニダレス ブライドル・ロイヤルクラッチ ブライドル・セカンドバッグ ブライドル・グランドウォレット ブライドル・インペリアルウォレット ブライドル・アルフレートウォレット ブライドル・ブレンデルウォレット ブライドル・インペリアルパース ブライドル・ブレンデルパース ブライドル・グランドコインパース ブライドル・馬蹄小銭入れ ブライドル・名刺入れ ブライドル・キーケース



webcatalog.png









ココマイスター ブライドル・ロイヤルウィンザー ピックアップ!!

ブライドル・ロイヤルウィンザー をピックアップ!!


※職人手作り少量生産の為、ご用意できる数に限りがあります。
ご購入の際、事前にココクラブにご入会いただき、販売開始前にログインして頂くと、最速でのご注文が可能です。

login_entrybtn.png


ブライドル・ロイヤルウィンザー

洗練された薄型フォルムで魅了する誇り高き英国紳士のビジネススタイル

ブライドルレザーを贅沢に使用した日本の熟練職人が仕立てた逸品。高い堅牢性と耐久性を兼ね備えながら、極限まで薄く仕上げられた鞄は、美しくスタイリッシュな風格を演出する。


ブライドル・ロイヤルウィンザー
ブライドル・ロイヤルウィンザー
ブライドル・ロイヤルウィンザー
ブライドル・ロイヤルウィンザー

カラー / ブラック / モスグリーン / ロイヤルブラウン / ダークネイビー / ヘーゼル / スイスレッド / ボルドーワイン

価格 / 273000円(税込)
送料無料

ココマイスター 再販






logo6-2.png

イギリスで馬具として使われるブライドルレザー。重圧感あふれる表情にロウが浮き出た姿は神秘的。


英国が誇る伝統皮革・セジュウィック社が生みだす極上の高級皮革「ブライドルレザー」。
一目見ただけで高級感を感じ取れ、会計時なども自信をもって取り出すことができる。
お洒落な紳士の為のアイテム。日本の技と英国の風合いを堪能する。

由来は・・・
馬具という意味のブライドルからきています。
馬具(手綱など)として使用する為、丈夫な革であることを求められたそうです。
丈夫で耐久性に強い革にする為、革をロウ漬けにし、繊維を引き締めることがブライドルの最大の特徴です。
その為、革の表面に白い粉のようなものが現れますが、これは革に染み込ませたロウが出てきたものです。


触れてみると・・・
ロウ漬けをしている革の為、少しペタッと髪にワックスをつけた後の手の感じと似ているでしょうか。
手に吸いつくような、多少の滑り感があります。
表面のロウは使用していくうちに深い光沢へと変化する為、まるで一皮むけてより輝く大人へと演出してくれる、演出家のような革です。


logo6-2.png


ブライドルとは・・・
なんといっても、その堅牢さと美しい光沢が特徴です。
イギリスで1000年以上前から続く伝統的な製法で、革に何度もロウを塗りこむことで繊維を引き締めます。
表面に白く浮き出ているのはロウで「ブルーム」と呼ばれており、ブライドルレザーの証でもあります。使用するうちに徐々にブルームが取れ、美しい光沢のある表情へ変化します。
耐久性も素晴らしいですが、硬い革であるが為に縫製が難しく、1つの製品として出来上がるには、日本の熟練職人の技術が必要不可欠です。
1900年創業の英国名門タンナーによって生み出される極上レザー。
完成までに約5か月を要する工程は、複雑で手間もかかる。
まさに職人が生み出す、極上レザーです。


白い粉が浮き出る不思議な皮革
ココマイスターのブライドルレザーは、ロウを丁寧に染み込ませている為、白い粉(ブルーム)が浮き出る場合がございます、これはブライドルレザーの特徴でもあります。
繊維の細部にまで染み込ませたロウが表面に浮き上がっており、これをふき取ると何とも言えない深い光沢が生まれます。
表面のロウは、季節によって見え方が異なることがあります。
夏場は高温により固まりにくくなる反面、冬場は表面に白く浮き出やすいです。
その全てはブライドルレザーならではの個性となります。


高級感漂う堅牢性
高級感とともに、堅牢さも感じられるブライドルレザーは、かつて英国で馬具などに使われていた皮革です。
ロウを染み込ませ繊維間の強度を何倍にもしていきます。
それにより、耐久性は素晴らしく、適切なお手入れと気遣いで、何十年もの使用にも耐えられる皮革となっています。


天然皮革を堪能できる素材
ココマイスターのブライドルレザーは、牛革の中でも最も硬いショルダー部分の皮革を使用しています。
ショルダー部分は、比較的にバラ傷や色ムラ、血筋やトラ(シワ)などが多く含まれる部分でもあります。
牛が生きていた頃についたキズやトラなど、上質な天然皮革ならではの表情を堪能できる仕上げになっているので、1枚1枚、個性的な表情を楽しむことができます。


ブライドルのお手入れ方法
ブライドルレザーのお手入れとしては、ご購入当初はレザーからロウが出てくるので乾拭きをしてあげるだけで問題ありません。
乾拭きをしていても表面にかさつきが出てくるようであれば、皮革用クリームなどで油分を補給する必要があります。
ただし、ブライドルレザーはタンニンなめしの革で、水には弱いため、雨の日に使うときには防水スプレーなどで保護する必要があります。



ブライドル・ロイヤルヒースロー ブライドル・ロイヤルヘンリー ブライドル・ロイヤルレガッタ ブライドル・ロイヤルウィンザー ブライドル・ダレスバッグ ブライドル・ビジネスクラシック ブライドル・バンガーブリーフ ブライドル・スマートビジネス ブライドル・ミニダレス ブライドル・ロイヤルクラッチ ブライドル・セカンドバッグ ブライドル・グランドウォレット ブライドル・インペリアルウォレット ブライドル・アルフレートウォレット ブライドル・ブレンデルウォレット ブライドル・インペリアルパース ブライドル・ブレンデルパース ブライドル・グランドコインパース ブライドル・馬蹄小銭入れ ブライドル・名刺入れ ブライドル・キーケース



webcatalog.png









«ココマイスター ブライドル・ロイヤルレガッタ ピックアップ!!